社員紹介
大塚 彩加
AYAKA OTSUKA

働く環境を自分で切り拓くことで
獲得した入社一年目のセールス最優秀賞

大塚 彩加 コンシューマ営業 コンシューマ営業
[ 2012年度新卒入社 ]
[ 2012年度新卒入社 ]

大学は教育学部で児童学を学ぶ。幼稚園や保育園の教職員免許も取得し、大学時代は絵本の出版に興味があったが、視野を幅広く持ち、就職活動に取り組んだ結果、ソフトバンクに出会う。学生時代にアパレルショップ店員を経験したこともあり、販売職としてソフトバンクに入社。現在ソフトバンク クルーを経て、SV(スーパーバイザー)として活躍中。

職種について

ソフトバンクショップや家電量販店などの販売代理店の経営層から店頭・現場まで、各レイヤーの営業・販売に関するコンサルティング業務。自ら企画を考え商談、実施まで全てを任される、お客さまに一番身近な最前線の部隊です。

キャリアサマリー

CAREER SUMMARY
1~3年目

お客さまを思い続けるソフトバンク クルーとして活躍

販売職で入社し、ソフトバンク クルーとして家電量販店で販売業務に携わっていました。現場(店舗)のリーダーとして目標を大幅に超えた予算の達成を目指して活動。1年目からセールスコンテストで全国一位を受賞しました。

3年目~

SVに昇格し、多数の店舗の教育、イベントやその他施策の企画・実行

SVとして、現場のソフトバンククルーへの教育、家電量販店店長やエリア長との商談、イベントやその他施策の企画などを行なっています。SVに昇進しお客さまと直接触れ合う機会は減ってしまったのですが、それでもお客さまと触れ合い、感謝の言葉をいただくといい仕事だなと実感します。

働く環境を自分で切り拓くことで獲得した入社一年目のセールス最優秀賞

常にチャレンジできる場所で、自分自身を研鑽したい

大学では児童学を専攻し、どこの企業に就職するかを考えた時、さまざまな事業を手掛けるソフトバンクなら、移り変わる世の中に順応しながら常に新しいことにチャレンジできるとのではないかと思い志望しました。販売職で入社し、営業部門に配属された当初から「いつかはSVに昇格したい」という気持ちがあったので、上司にSVと同じ仕事を振ってもらったり、積極的に自分から高い目標を設定したりして、SVになるための努力をしていきました。

お客さまのことを徹底的に思い、全国一位を受賞

ソフトバンクには、大勢のソフトバンククルーの中から優秀者を決める接客コンテストがあります。1年間の活動が正社員・販売契約社員関係なく平等に評価される場所で、現場にいるクルーがこのコンテストでの受賞を目指し日々業務を行っています。
そんな中、入社1年目から全国一位を受賞できたことは非常にうれしかったです。また、その受賞式が福岡で行われることをお客さまに話したところ、当日会場にお客さまから電報や花束が届き、常にお客さまのためを思って1年間営業活動を行ってきた結果が報われたような気がしました。
来店されたお客さまにはすぐに声を掛けるという基本的なことから、お客さまが鞄を持っている側からは声を掛けないといった細かいところまで、私が店舗で実践していたことはさまざまですが、目先の件数や売上に追われることなく、中長期的にソフトバンクのユーザーになっていただくことを目標とする意識が、成果につながっていったのだと思います。

挑戦を自分のことのように応援し、サポートしてくれる仲間の存在が背中を押してくれる

ゆくゆくは社内制度を活用し、株式会社hugmoへ出向したいと考えています。学生時代に学んだ児童学を生かして、子育てや教育と通信の融合を実現させていきたいです。出向が叶えば、幼稚園や保育園への提案営業が多くなると思うのですが、そこではきっと今までやってきた営業力が生きると思っています。その点も意識しながら、現在は自分の上司が行うようなレベルの高い提案を、自ら率先して挑戦させてもらったりもしています。

私がやりたいと思っているチャレンジに対し、自分のことのように全力でサポート、応援してくれる熱意がある同僚、上司がいるところがソフトバンクの好きなところです。

女性がより働きやすい環境を、自分の手で切り拓いていきたい

もうひとつ挑戦していきたいことは、ソフトバンクを女性社員がもっと働きやすい環境にすることです。ソフトバンクはすでに、女性社員が働きやすい環境であると感じますが、営業部門はまだまだ女性が少ないため、自分が先陣を切って環境を変えていきたいと考えています。その延長として、出産や育児など、お母さんが働きやすい環境も整えていけたらと思います。

朝は早く、夜が遅いこともありますし、時には代理店の方から厳しい言葉をいただくこともあり、新しいことへの挑戦も含めて、もちろん毎日大変です。でもそれを乗り越えられるのは、周りのソフトバンク社員が作り出してくれる環境のおかげだと思っています。「無理じゃないかな」と思うことでも、応援してくれたり、協力してくれたりするチームメンバーや、メンバーの成長のために良い環境、厳しい環境に送り出してくれる上司の思いは本当にありがたいですね。困ったときには駆けつけて応援し、助けてくれる。そんな人たちのためにも、自分も頑張らなければ、と思います。

1日の流れ

DAILY STREAM OF TIME

出社、メール確認、業務に必要なツール作成や発注

エリア会議で、週末イベントの振り返り、成功事例共有、今週の活動に関して現場へ電話で落とし込み

ランチ

店舗へ移動

店舗への週末イベントのお礼、振り返り、依頼事項などの伝達

代理店との商談

退勤

働き方改革の制度利用

私はプレミアムフライデーを活用しています。月に一回、月末の最終金曜日でなくても、自分で決めた日に午後3時に帰ることができます。日々の疲れを癒しに、マッサージに行ったり、買い物に行ったり、ここぞとばかりに予定を詰め込みますね。あとはメンバーとの交流も兼ねて飲みにも行きます。プライベートでもコミュニケーションを取っているからこそ、良いチームワークが生まれているのかもしれません。

その他の社員の紹介

PAGE TOP