社員紹介

営業推進・戦略
向笠 美帆
[ 2009年入社 ]
ソフトバンクで世界のトレンドを変えたい

職種について

職種についてイメージ画像

営業推進・戦略

会社全体の予算から営業目標の数値を設定し、市場の分析、売上進捗の管理など営業組織を牽引します。また営業・販売に必要なツール(システム・ソフトバンク クルー向けの教育資料など)の制作・管理なども担当し、営業・販売活動の成功にはなくてはならない役割です。

コンテンツ画像

ソフトバンクを選んだ理由と現在の仕事内容を教えてください。

就職活動では、自分らしく働ける社風の会社であることを重視していました。 ソフトバンクの面接では包み隠さず率直な意見を言えたので、仕事をするときも自然体で自分らしくいられると思い入社を決めました。
現在所属している部署は、元々役員のトップ商談資料や講演資料を作成していた部隊です。そこから派生して全営業社員が使える汎用的な提案書を作成して展開したり、AIを活用した社内施策に携わるなど、新しい取り組みによって営業社員が働きやすい環境を整えています。

職種についてイメージ画像

5つの「ソフトバンクバリュー」のどこにプライオリティを置いていますか。

スケジュールや日々のタスクを考えるときには、「逆算」と「スピード」を意識しています。
仕事に限らず学生時代から、自分自身で計画を立ててそれを前倒しして進めていくことが好きでした。社会人になってもそれらを意識することで余裕ができ、急遽依頼された案件にも対応できるようにしていますし、忙しい時期でも仕事に追われる感覚なく働けています。
私が考えるソフトバンクは現状維持のない会社で、常に何が起こるか分からないのが良いところです。だからこそ、常に逆算して計画を立てて、スピード感をもって前倒しで進めることで、突発的な仕事が来ても余裕を持ってポジティブに向き合えています。

職種についてイメージ画像

ソフトバンクでの仕事のやりがいや喜びを教えてください。

どんな場面でも、自分の考えや発言が価値を持つ可能性を秘めているところにやりがいを感じます。
現在の部署では、チームで一つの仕事をつくりあげているのですが、自分の考えがチームの中でもまれてブラッシュアップされ、形になっていく面白さを感じています。たとえ発言が的外れだったとしても、それがメンバーに気づきを与えたり、煮詰まっていたディスカッションに一石を投じたりして、無価値ではなくなるのです。
講演資料を作成する際には、役員に直接、資料内容を確認してもらう機会があるのですが、そこでは一社員である私の発言も歓迎されます。講演はトップが外部に向けて情報を発信する場であり、会社の理念・ビジョン・戦略をきちんと理解した上で伝えるべき内容を正しく表現をすることが求められます。そこに妥協なく立ち向かっているからこそ、作成者である我々の意見は、価値のあるものとして認めてもらっているのだと実感出来る場面です。

キャリア

  • 1〜3
    年目

    法人営業

    法人営業本部の関西支社で法人営業を担当。関西全域のお客さま向けにICT全般のソリューションを提案しました。 新規開拓が中心で、地道な営業活動により信頼関係を築き、既存取引が全くないところからお客さまを獲得できた時の喜びは大きなものでした。 人と話すのが好きな自分に向いていると感じていましたが、同時に常に新しいことに挑戦したい、自分のできることを増やしていきたいという気持ちも強くあり、より多様な職種を経験できると考えていた本社勤務を希望するようになりました。

  • 4〜9
    年目

    営業推進・戦略に異動

    タブレットでのプレゼンをいち早く取り入れたことが評価されたときは、新しい表現に挑戦する姿勢が認められたと喜びを感じました。 これがきっかけとなり、上司からの推薦で希望していた本社に異動し、営業の活動を推進したり、営業戦略を練る部隊であるプロジェクト推進室に配属されました。 役員の外部講演用資料や社内イベント動画の作成から、全営業社員が利用できる提案書やサービス紹介動画作成など、多岐に渡る業務を手がけることができました。

  • 現在

    法人統括の業務改革

    資料作成などの傍ら、法人統括の業務改革を支援しています。2014年にファイル共有サイト「カスタムX」を立ち上げ、2016年には業務効率化を目指した社内用AIアプリ「SoftBank Brain」をリリースしました。「カスタムX」は社内での評価も高く、関係各所との協力関係を築くことができたことで、積極的な情報交換がおこなわれるようになりました。お客さまの要望を受けて商用サービス化も進めています。

コンテンツ画像

メッセージ

メッセージの画像

ソフトバンクで
世界のトレンドを変えたい

ソフトバンクは、誰も想像していない世界を作れる会社です。
インターネットや携帯電話がこれほど進化して必要不可欠な存在になるとは、数十年前の日本では想像もつかなかったと思います。
今までに作成した資料を見返すと、作成当時は最先端でお客さまに驚かれていた内容だったことが、現在ではトレンドになっていると感じます。例えば、ソフトバンクがスマートフォンやタブレットを全社導入した時期には「我が社には必要ない」という反応の企業が大半でしたが、現在は当たり前のようにビジネスの場で活用されています。 ソフトバンクにはトレンドを変えていく力があります。 一社員の小さなアイデアをみんなでブラッシュアップして、誰も想像し得なかった未来のトレンドの種を日々社内で生み出しています。講演資料や提案書を通して、そのトレンドの種を世界に蒔いていくのが私たちの仕事です。