• SoftBank キャリアNOW
  • ブロードバンド、モバイル、ビッグデータ、AIを手掛けたエンジニアが語る、“ソフトバンクでエンジニアとして働く意味”とは?

キャリアNOW

ブロードバンド、モバイル、ビッグデータ、AIを手掛けたエンジニアが語る、“ソフトバンクでエンジニアとして働く意味”とは?

ブロードバンドからはじまり、モバイル、ビッグデータ、そしてAI。12年に渡って、常に最先端技術と向き合い続け、現在はソフトバンクの子会社Agoopで取締役 兼 CTOを務めている、加藤 有祐。これまでの経験を振り返りながら、「ソフトバンクでエンジニアとして働く意味」について語りました。

本部長にプロトタイプで提案した。 「任せる。加藤自身でチームをつくってくれ」。

ソフトバンクへの入社のきっかけは、会長である孫正義が登壇するイベント「ソフトバンク新卒LIVE」です。当時は、ブロードバンドサービスがソフトバンクのメインの事業で、モバイル事業など影も形もありませんでした。ただ、「情報革命で人々を幸せに」という経営理念は既に掲げていました。孫さんのものすごい熱量のプレゼンテーションを目の前にして、心に電流が走ったほど、強くこの理念に共感。「人生をこの会社で賭けてみよう!」と、ソフトバンクに飛び込みました。

2007年4月の入社以来一貫して、情報革命の具現化に邁進しています。

新入社員として、地図システムを開発するエンジニアとして配属されました。それぞれの地図データが社内でバラバラに点在していたため、統合を図るプロジェクトを推進。プログラマーは先輩と2人だけのチームでしたので、ネットワーク・サーバー構築からアプリ開発まで何でもやりました。

その後、モバイルの時代の到来を見据え、スマホ用地図サービスのプロトタイプを作成して、本部長に提案。「やりたいなら、加藤自身でチームをつくって、思い切りやってみてくれ」と承認され、その場で開発責任者になりました。このときのチームが、ソフトバンクの子会社である「Agoop」の源流になります。今、私が取締役 兼 CTOを務めている会社です。

▲Agoopと日建設計総合研究所で作成した、「東京都23区内における1日の人の動き」

Agoopは、モバイルアプリから取得できる位置情報のビッグデータを、AI技術を用いて加工し、新たなソリューションを展開しています。2009年に立ち上げたモバイルアプリのチームが、従業員約70人規模の会社に発展しました。

私は、ソフトバンクに入社してからの12年間で、ブロードバンド、モバイル、ビッグデータ、AIと、それぞれの時代の先端領域を経験してきました。そのキャリアの中で、私自身が感じてきたことがあります。それが、「ソフトバンクでエンジニアとして働く意味」です。

つくったものを、 確実に社会に届けることができる。 さまざまな先端技術に触れられる。

私がソフトバンクでエンジニアとして働く意味として感じていることは3つ。1つ目は、「つくったものをマーケットに届けて、社会を変えることができること」です。

ITシステムやサービスは、開発してカットオーバーすることがゴールではありません。多くの人に使っていただいて、はじめて世の中が変わるきっかけになります。この「マーケットへのリーチ力」は、ソフトバンクは非常に強い。

先日の「PayPay」は良い例だと思います。多くの小売店から協力を得られ、ユーザーの獲得ではヤフーIDとの連携も奏功しました。どのようなサービスでも、人に使われてはじめて「画期的」になるものだと思います。

私自身が経営を担うAgoopにおいても、クライアントとなる大手企業や行政の開拓に、ソフトバンクの営業力が生きています。エンジニアがつくったものが、正しく世の中に伝わる。その環境が、ソフトバンクにはあると言えます。

そして、2つ目は、「さまざまな先端技術に触れることができ、生かすことができること」です。ソフトバンクグループは、「世界中の新技術が集うプラットフォーム」と言っても過言ではありません。

ArmやSprintなどのグローバル企業や、ソフトバンク・ビジョン・ファンドからの出資によって、仲間になったベンチャー企業とのコラボレーションの機会があります。「同士的結合」と孫さんは言っていますが、それぞれの現場のエンジニア同士で交流して、イノベーションを起こす動きが強く奨励されています。

例えば、Agoopは地図や位置情報に強いので、その技術に注目したグループ企業から声が掛かったり、逆にこちらから「詳しく話を聞かせてください」と依頼を出すこともあります。ソフトバンク・ビジョン・ファンドの出資先である、Slackのエンジニアとの技術交流を行った際には、皆が喜んでいました(笑)。単に交流できるだけでなく、「情報革命で人々を幸せに」という経営理念を共有できているので、会話の目線も合わせやすく意気投合しやすい。

私自身がAgoopのCTOとしてソフトバンクグループ各社のCTOやCIOと技術交流する際も、手掛けているサービスや国を超えて意気投合できます。世界規模で自社の経営理念を実現するために、各社の強みを結合できるのは、この上ない強みです。

3つ目は、「自分自身が、変革の中心にいられること」です。

「社会のこの不便を解消したい」「このようなサービスをリリースしたい」という思いがあれば、その挑戦の機会は分け隔てなく与えられます。ソフトバンクは従業員数で見ると大企業ですが、一人一人の「個の力」が強く、それぞれの現場がスタートアップ企業のように機能している組織が多くあります。

私自身も、スマートフォン向けのサービスを開発した際には、自らのチームを立ち上げました。新規事業を提案できる「ソフトバンクイノベンチャー」という制度もあり、多くの新規事業が生まれています。そして、本当に命を賭けてでもやりたいことがあれば、経営陣に直談判するのもいい(笑)。

もちろん、誰かが考えたことを実現するのは、立派なエンジニアとしての仕事です。難易度の高い技術的な壁を越えるのに腐心するのも、社会を前に進めるためには必要です。ただ、その真ん中にいることに価値を見出すのでしたら、ソフトバンクの環境は素晴らしくフィットするでしょう。失敗を許容する文化もありますから、思い切って挑戦できるのも、魅力的だと思いますね。

ソフトバンクで活躍しているエンジニアの 2つの共通点。

これらの3つの特徴を考えると、ソフトバンクで活躍しているエンジニアのタイプも見えてくる。そこには大きく2つの要素があります。

1つ目は、やはり「圧倒的な当事者意識」を持てる人です。自分で考える力を持ち、どんな状況でも自分の言葉で意見を言える人ですね。変革を起こすためのオーナーシップを持てるかどうかが、一つのカギだと思います。

オーナーシップがあれば、年齢は関係ありません。例を挙げると、AgoopのAIチームのリーダーは、新卒4年目のエンジニアです。彼は、主体的に数々の挑戦を重ね、成功と失敗の中から独自の手法を築き上げてきました。そして今では、8人のチームをまとめるまでに成長しています。

メンバーには、台湾やインド出身のメンバーも多いので、意思疎通を円滑にするためにチーム内の公用語を英語にするなど、チームのパフォーマンスにコミットしています。彼の当事者意識がメンバーにも浸透することで、一気に、位置情報におけるAI技術の活用が進みました。

活躍しているエンジニアのもう1つのタイプなのですが、「他人を助ける」ことができる人です。

エンジニアに限ったことではないですが、根底として必要な要素だと考えます。例えば、同僚が「助けてほしい」と思っている状況をきちんと拾えるかどうか、困っている人がいたら、すぐに対処法を教えてあげられるかどうか。他者への想像力が働かなければ、社会からのヘルプにも気づけない。

情報革命は、ひとりでは成就できません。組織を超えてつながって大きなことを成し遂げるためにも、助け合えるエンジニアであることは、より大切になっていくと思います。

SIerから転職してきたあるインフラエンジニアは、最初は型どおりに業務をこなすのが上手だったのですが、しばらくして変わりました。トラフィックが右肩上がりで増えていく中、周囲からの要望に応え続け、高難易度の取り組みを次々と実現するようになったのです。結果として、AWSで堅牢なインフラを確立。大量の位置情報データを、ほぼリアルタイムで処理できるようになりました。

今では、彼のもとにはソフトバンクグループの各所から、AWSに関する相談が寄せられています。「グループの技術力の底上げに貢献できている」という実感を持つことで、彼の成長は加速しているように感じますね。エンジニアとしても、ひとりの人間としても。

技術で世界を変える、主役になろう。

私自身のミッションは、「ビッグデータによる意思決定を当たり前にすること」。海外のエンジニアやCTOと話していると、日本はデータ活用の後進国だと感じることがあります。これを変えていきたい。

今、私の部署では、行政や大企業に対して、膨大な位置データを活用したソリューションを提供しています。少しずつ事例をつくっていくことで、社会の意識を変えていきたいですね。きっと、日本という国自体のスピード感を早められるはずです。

この技術革新の激しい時代に、エンジニアとしてどう生きるのか。そのひとつの答えが、ソフトバンクにはあると信じています。グローバルでの最新技術へのアクセスの良さ、マーケットへの強い影響力、そして、常に挑戦を応援する会社のカルチャー。これらの武器に加え、「技術で世界を変えたい」という強い思いさえあれば、きっと現実になるはずです。

ビッグデータやAIの領域は、先行事例が限られる分野ですので、一人一人の試行錯誤こそが会社の血肉になります。そして、ソフトバンクであれば、それが社会の血肉になっていく。

「情報革命で人々を幸せに」。その主役になれる機会が、ここにはあります。

PAGE TOP