まったく知らなかった世界へ。毎日が自分の成長につながっています。

2016年新卒入社 アソシエイト職

野田 有希[上下肢障がい]

西日本技術本部 関西ネットワークセンター基地局保全課

Q.

どのような学生時代を過ごしていましたか?

地元長崎から京都の大学に入り、4年間寮生活を送っていました。また、大学では文学部国文学科で主に漢文に打ち込む4年間を過ごしており、現在配属されている課とは全く異なる勉強をしていました。

Q.

ソフトバンクと出会ったきっかけは何ですか?

説明会に参加したことがきっかけです。話を聞く中で、様々な事業を展開していることや挑戦を常に受け入れてくれる空気があるということを感じ、ここでなら自分を高めていけると感じたからです。また、先輩社員と話した時に、自分が最も素を出すことができる会社であったということも大きいですね。

Q.

現在のお仕事は?

主に予算業務を担っており、月初の予算見直しから月末の請求書処理を行っています。また、今年から課内の稟議案件を予算チームで集約することになったため、基地局保全に関する物品購入案件や工事案件等の稟議を作成し、発注業務も行っています。稟議作成に関しては、各担当者から案件内容をヒアリングするためにフォーマットを作成するなどして、業務効率化を意識して日々業務に励んでいます。

Q.

仕事をするうえで困ることってありますか?

想定外のことが起こった時に、余裕を持って対処できないことがあります。例えば電話対応ですが、技術部門なので自分の知らない専門的内容を問われる時があり、対応に困ってしまうことが多々あります。その時には、少しでも自分が理解できるキーワードを聞き取り、スムーズに担当者に取り次げるよう心がけています。日々経験を積むことで業務にも余裕を持つことができると思うので、積極的に学ぶ姿勢を大事にしています。

Q.

入社して、それまでの自分と変わったことはありますか?

以前に比べて、責任感が強くなったと感じています。自分が受け持つ業務を少しでも怠ると、課内メンバーや他部署の方に迷惑がかかってしまいます。また、他会社や基地局のオーナー様と関わる機会も多く、信頼関係を築く上で責任ある行動をとることは必須です。日々、自分はソフトバンク社員の1人であることを心に留めて、業務を行っています。

Q.

今後、挑戦してみたいことはありますか?

自分から提案したことを形にしていきたいと思っています。現在2年目ということで、まだまだ職場の人の意見や考えを吸収する機会が多いのが現状です。今後は、自分の担当業務である予算業務に関して自ら提案し、業務効率化を意識して取り組んでいきたいと考えています。また、せっかく新しい知識を得ることのできる職場に配属されたので、専門的な知識も同時に身に付けてこれからの業務に活かしていきたいと思います。

Q.

障がいに対してどんな配慮を受けていますか?

私は左半身の上下肢麻痺を抱えています。比較的軽度の障がいではありますが、配属される前は不安に思うこともありました。しかし、私の配属された課は、配属時に私の障がいについて話す機会を作ってくれ、私の障がいの理解に努めてくれました。また、作業が難しいと感じた時には手をかしてくれ、障がいに関係なく接してくれるので、自分らしく働くことのできる環境で働けています。

ON
8:45
出社
9:00
課内朝礼
9:15
課内会議
11:00
メール確認・電話対応
12:00
昼食
13:00
予算関連業務(起案チェック・稟議作成など)
16:00
PJ業務(センター内や全国PJにおけるWG活動APの検討・調整)
18:00
退社
OFF
休みの日には、大学時代の友達や後輩と一緒に、ご飯に行ったり遊んだりすることが多いです。また、何も予定のないときには、家で何も考えずにのんびり過ごすことも好きですね。自分の好きなことをして、笑って過ごしてリフレッシュすることで、日々の業務に精一杯取り組むことができています!

Copyright © SoftBank All rights reserved.