ソフトバンクの幅広い技術でワクワクする人を増やしたい。

2017年新卒入社 総合職 エンジニアコース

結城 祥[腎臓障がい]

ネットワーク本部 建設企画課

Q.

どのような学生時代を過ごしていましたか?

小さいころは運動を制限されていたので、自然とインターネットに触れる機会が多かったんです。通信の技術について調べていくと、離れた地点から情報をやり取りする仕組みに興味が膨らんでいき、大学では無線通信を専攻。Wi-Fiの回線を効率的に運用する方法を研究していました。

Q.

ソフトバンクに入社した理由は?

もともと通信に興味があったのですが、最終的に入社の決め手となったのは、AIやロボットなどさまざまな分野にかかわることができると思ったことです。ソフトバンクでは通信に限らず多様な技術を扱っていることを知り、将来の可能性を感じました。

Q.

大阪から東京に出てくることに不安はなかったですか?

内定者時代から同期がとても仲が良く、こんな仲間と働けると思うと不安は全く感じなかったです。また通院についても、東京の病院を紹介してもらえたので抵抗感なく入社を迎えられました。

Q.

現在のお仕事は?

社内システムの改善のため、ユーザーである社員と開発者の間に立ち、情報の橋渡しを行っています。担当しているのは、MPM(マスタープランマネジメント)という、ソフトバンクが行うネットワーク建設の工程と予算の見える化を行うシステムです。それを使用する際の不便や不具合を社員からヒアリングし、要件定義を開発側とすりあわせ、システム改修後に検証を行うところまでの一連の業務を担当しています。

Q.

仕事のやりがいは?

リリースした新しいシステムを使ってもらえている場面を見たときや、「便利になった」という声を聞いたときにやりがいを感じます。最近では、手作業で入力しなければいけなかったシステムの一部に、ネット上のスプレッドシートを組み合わせて自動化することに成功しました。入力作業を担当していた社員の負担を減らすことができ、喜んでいただけたことで、技術で人の役に立てることを実感しました。

Q.

職場では、どんなサポートを受けていますか?

入社した当初は、自分の仕事を定期的に振り返る面談もあったので安心して仕事を進められました。また、体調が悪いときには「無理せずに休みなさい」と言ってもらえます。一番ありがたいと感じるのは、障がい者としてではなく、普通に接してもらえることです。

Q.

今後、挑戦してみたいことはありますか?

今は、目の前の仕事をできるだけスムーズに進めたいという気持ちが強いので、CCNAというネットワークエンジニアとしての技術を証明する資格をとりたいですね。ソフトバンクには幅広い業務があるからこそ、今後自分がどんな仕事をしていきたいかは考え中です。自分がインターネットの技術にワクワクしたように、将来は、あまり体を動かせない人たちにも「おもしろい!」と思ってもらえるような技術を開発していきたいです。

ON
8:40
出社 朝食は会社でとります
9:00
メールチェック・対応
10:00
エクセルで工事の工程を管理
12:00
チームのメンバーとランチに行くこともあります
13:00
ユーザー対応
15:00
会議
16:00
開発側に要件定義を説明、修正依頼を行います
18:00
退社
OFF
休みの日には、最近はドリップコーヒー専門のカフェをめぐっています。味にはそこまで詳しくないのですが、コーヒーを飲みながらゆっくりする時間が好きです。

Copyright © SoftBank All rights reserved.