みんなに知ってほしい
ソフトバンクのこと。

ソフトバンクでは、お互いを認め高めあう刺激的な環境で、多様な価値観があふれ出しています。
一緒に、色とりどりの夢に向かってチャレンジしましょう。
ソフトバンクのことを、もっと知ってください。

Q
とても忙しそうなイメージがあるのですが?
A
情報革命で人々を幸せにするため、やらなければいけないことはたくさんあります。掲げるビジョンを実現するため、会社としての意思決定が早く、ビジネスのスピードが速いことは事実です。しかし、そのために働く仲間に負担がかかってしまっては本末転倒です。労働時間の管理はもちろんのこと、一人ひとりが安心して仕事に取り組める環境と体制を用意することで、みなさんが本来の力を発揮できるよう、充実したサポート体制を敷いています。
Q
働くうえでどんなサポートがありますか?
A

本社にはウェルネスセンターが設置され、産業医やカウンセラーが常駐しています。また、ヘルスサポート・健康相談窓口など、みなさんが安心して働くための環境が整っています。

例えば聴覚障がいの方には、簡易筆談器の配布、PC、スマートフォン、タブレットを利用したノートテイクや、UDトーク(http://udtalk.jp/)を導入するなど、さまざまなツールを活用しています。メールやチャットツールを活用しながら仕事を進めることも日常的です。

また内部障がいの方など定期的な通院が必要な方は、ハンディキャップ休暇制度を使い、有給休暇を利用することなくお休みを取得することが可能です。

上記はほんの一部。一人ひとりに合わせた配慮を行っていますので、お気軽にご相談ください。

Q
どんな障がいのある方が働いていますか?
A

新卒、中途採用を合わせてさまざまな障がいのある方の採用実績があります。

雇用実績:
上肢/下肢/聴覚/視覚/言語/体幹/心臓/腎臓/呼吸器/小腸/膀胱/直腸/精神

Q
障がいがある社員は、どんな仕事をしていますか?
A
障がいの有無による業務の制限はありません。営業、営業事務、マーケティング、システムエンジニア、営業企画、法務、人事、総務などのさまざまな分野で活躍しています。もちろん、障がいにより対応が難しい業務へのアサインはありませんが、社内にある業務全てに配属の可能性があり、多岐にわたるチャレンジをできます。
Q
子育てをしながら働いている方はいますか?
A

子育てをしながら、活躍している社員はたくさんいます。育児関連制度も大変充実しており、育児休業は保育園に入園できなかった場合2年間取得できますし、短時間勤務、勤務時間の繰り上げ繰り下げなどは子どもが小学校6年生を終えるまで取得することが可能です。ボランティア社員によるお昼休みを利用した子育てセミナーも開催され、男女問わず多くの社員が参加しています。

また、ソフトバンクは、「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣より次世代認定マーク「プラチナくるみん」の認定を受けています。通信業界で初の認定となります。 これからも、引き続き次世代の社会を担う子どもが健やかに育まれる社会環境づくりに、企業 として貢献できるよう努力していきます。

Q
働く環境を教えてください。
A
風通しの良い働きやすい環境です。上司に対しても肩書きではなく「さん」付けで呼び合い、仕事について疑問に思ったことは率直に話し合うフラットな環境です。また入社年次に関係なく活躍できる職場で、社員一人ひとりがそれぞれの想いを大切にし、やりがいを感じながら「楽しく」働ける場所がたくさんあります。

Copyright © SoftBank All rights reserved.