孫 正義からのメッセージ

今から100年以上前の、幕末の日本。
50年、100年先の国のあり方を考え、そのビジョンの達成に向けて激動の時代を駆け抜けた坂本 龍馬の言葉だ。

この世に生まれた限り、自分にしか成し遂げられないことを実現したい。
龍馬の高い志が、日本の発展に大きく貢献した。
君には命をかけて成し遂げたい志があるだろうか。

「情報革命で人々を幸せに」ソフトバンクの経営理念、これがわれわれの志だ。

コンピューターのAIは、あと30年のうちに、人間の脳の能力を超える。
つまり、脳を超える力を持ったデバイスがネットワークで世界中を結ぶ時代が来る。
そして、喜びを分かち合い、感動を共有する。そんな人間の幸せの源泉は変わらないだろう。

私たちは、人々の悲しみを少しでも和らげたい。喜びを大きくしたい。
情報テクノロジーが持つ無限の力を、人々の幸せのために役立てていく、それがソフトバンクの志だ。

私たちの志に、心が震えるほどの興奮を感じられる人がほしい。
もし、君がそういう人物ならば、ぜひとも一緒に仕事をしたいと思う。

たった一度の人生だ。50年、100年先の世界の人々が感嘆するような仕事をしようではないか。

志高く。

ソフトバンクグループ代表

孫 正義