社員紹介

総合財務経理・経営企画
高木 亮
[ 入社4年目 ]
ソフトバンクで世界の仕事の価値を変えたい

職種について

職種についてイメージ画像

総合財務経理・経営企画

経営成績・実態の早期把握や経営目標・予算の策定を通して、経営の意思決定のサポートを行う経営数値に責任を持ちます。経営の羅針盤を提供することがミッションです。

コンテンツ画像

ソフトバンクを選んだ理由と現在の仕事内容を教えてください。

私が会社選びで重視したことは、経営者の考えに共感できるかどうかと、経営を支える仕事に若くからチャレンジできるかどうかという点です。学生時代にインターンシップに参加したことで、経営者のビジョンやキャラクター、会社のカラーや勢いがエネルギーの源泉になることを知り、経営企画という仕事の面白さを体感することができました。
所属部署での担当業務は大きく分けて2つあります。出資先の子会社や関連会社の事業計画の管理と市場動向の調査・分析です。
人工知能やIoT、ロボットをはじめ多様なビジネス機会を狙うソフトバンクにとって、日々変わり続けるビジネス環境をキャッチアップし続ける重要性を感じながら業務に取り組んでいます。

職種についてイメージ画像

5つの「ソフトバンクバリュー」のどこにプライオリティを置いていますか。

「執念」です。
1年目の終わりの頃、ある社内プロジェクトを当時の上司や関係部門と一緒に企画し、幹部に提案を持っていったことがありました。
しかし結果はボロボロ。数カ月間の準備も虚しく、宿題山積みで打ち返されてしまいました。それでも上司はすぐに気持ちを切り替えて、再チャレンジに向けたアクションをリードし士気を高めてくれました。結果、大きなコスト削減に寄与することができたときは、「執念」や「挑戦」を大事にして何事にも取り組むという、その後の仕事の姿勢を学びました。
また、普段から年次に関係なく、自分の意見を積極的に提案することも意識しています。「上に引っ張っていってもらおう」ではなく、「執念」を持って何度でも発信していきたいと考えています。

職種についてイメージ画像

ソフトバンクでの仕事のやりがいや喜びを教えてください。 

入社以来いくつかの社内プロジェクトを担当してきました。課題がうまく解決できた時や具体的な成果が出せた時などに大きなやりがいや喜びを感じます。
周囲の先輩・上司や関係者と「ああでもないこうでもない」と会議室にこもったり、ホワイトボードの前でお互いの意見をぶつけ、議論したりするのですが、そういった時にソフトバンクには、上下関係も年齢も関係なく意見や提案を受け入れるマインドや社風が根付いているということを強く感じます。そうした経験の中で、今までできなかったことができるようになり、コミュニケーションが円滑に進むようになると、「誰かのために役立っている」という喜びにつながります。
また、チームで成果を出せた時には、問題を解決したこと以上に誰かのために頑張れたといううれしさもあります。

キャリア

  • 1〜3
    年目

    経営企画

    新卒で入社し経営企画の部署へ配属。会社の支出に係る予算管理を担当しました。
    翌年からは会社全体の人員配置や業務のIT化推進、購買活動をテーマとした社内プロジェクトを複数担当しました。
    プロジェクトの企画推進・体制構築・スケジュールと数値管理を行い、役員向けの資料作成などにも関わりました。

  • 現在

    事業計画管理と市場動向の調査・分析

    ソフトバンクの出資先は多数ありますが、私は主にFinTechの領域を担当しています。また、競合である国内外の通信キャリアの動向をはじめ、国内外の政府・官公庁の政策検討の状況、テクノロジーの動向など幅広い分析を行っています。
    粘り強くトライして、日々業務に取り組んでいます。

コンテンツ画像

メッセージ

メッセージの画像

ソフトバンクで
世界の仕事の価値を変えたい

「人間は何のために仕事をするのか?」ということをよく考えます。
それは、計算結果の間違いを見つけるためでも、資料をきれいに作るためでもありません。ゴールを設定すること。ひらめくこと。“情熱”を持つこと。誰かに働きかけること。人工知能やIoTなどの技術革新が進み、単純作業をロボットに任せたりすることで“仕事の価値”は今後変わっていくと思います。
そうした変化に対応できるように私が日頃から心がけているのは、新しいサービスが出たらまずは使ってみる、そしてそれで何ができるかを考えてみることです。好奇心を持って常にアンテナを張っていれば必ず違う視点の発想が生まれます。
自分に合う、合わないを試す前に決めるのではなく、何事にも積極的なチャレンジを繰り返していける人がソフトバンクに向いていると思います。

※2017年2月時点の情報です。