社員紹介

総合ネットワークエンジニア
相馬 一友
[ 入社4年目 ]
ソフトバンクで世界の未来を変えたい

職種について

職種についてイメージ画像

総合ネットワークエンジニア

ネットワークの企画、設計​、開発​、監視、保全を実施。ビッグデータを活用したネットワーク戦略の策定や24時間安心して利用できるネットワークの構築など、人々の生活に必要不可欠なライフラインを提供しています​。

コンテンツ画像

ソフトバンクを選んだ理由と現在の仕事内容を教えてください。

ソフトバンクはグループ全体の事業領域が幅広く、またソフトバンクイノベンチャーという新規事業提案制度などもあるので、将来、何かやりたいと思っている自分には行動を起こしやすい環境が整っています。自ら行動すれば、いくらでもチャンスが広がるところに魅力を感じて入社を決めました。
現在の業務は、ソフトバンクの通信サービスを全国に提供する基幹ネットワークの企画、設計、構築に携わっています。

職種についてイメージ画像

5つの「ソフトバンクバリュー」のどこにプライオリティを置いていますか。

「執念」、諦めないことを重視しています。
もともと諦めは悪い方で、そこまで頑張ってきたことが無駄にならないよう、成果につながるまで頑張ろうという考え方を持っていました。自分の方向性とソフトバンクバリューが重なったという感覚です。
特に誰もやったことがない、難しいことに取り組んでいるときほど「執念」を強く意識しています。
過去に実績のない事柄を提案して、実行に移すためには、徹底的な調査や準備が必要です。大変ではありましたが、私は最後まで諦めずに自分の提案を実現させることができました。

職種についてイメージ画像

ソフトバンクでの仕事のやりがいや喜びを教えてください。

学生の頃、電話やインターネットがつながるのは当たり前のことだと感じていました。
逆に、もし少しでもつながらなかったらストレスを感じていたでしょう。
ネットがつながらなくなる原因は機器の障害であることが多いのですが、病気にかからない人間がいないように、機器の障害を完全に無くすことは不可能です。
いかに障害を少なくして、つながりにくい時間を短縮するかがネットワーク設計担当者の腕の見せどころになります。
ネットワークエンジニアの仕事の成果は人の目に見えにくいものですが、自分がかかわったネットワークでサービスが提供される瞬間、通信の品質が保たれたと感じます。
自分の仕事が社会の一端を支えるという実感を持てるのは、エンジニアの醍醐味だと思います。

キャリア

  • 1
    年目

    ネットワークの設計精査

    モバイルネットワークの設計を精査する業務を担当。膨大な量の設計仕様を確実に精査するために、細部まで調査や確認が必要な業務です。
    その後、モバイルネットワークから基幹ネットワークへの業務の配置転換も経験し、全く分からないことが悔しくて努力する日々で、仕事への取り組み方を鍛えられました。
    変化の激しい1年で地道な仕事も多かったですが、一つの業務に対して、調査の範囲や準備をより深く掘り下げる習慣が身につきました。

  • 2
    年目

    自ら志願した業務

    ネットワーク機器のOSアップグレード業務を志願して任されました。
    計画の立案から機器メーカーとの折衝、テストなど、上司の協力を仰ぎながらもほぼ一人で行いました。
    全国に提供している通信の品質向上のために必要な案件で、失敗するとサービスを止めてしまうリスクもありました。責任は重大で、改めて自社ネットワークの規模の大きさを体感しました。
    これほどの規模の仕事を2年目の自分に任せてもらえたのは驚きでした。

  • 現在

    基幹ネットワークの企画、設計、構築

    基幹ネットワークの中長期的な増強を担当しています。3、5、10年後の事業を見据えた計画なので責任は重大で、一人でできる仕事ではありません。
    チームとしての情報共有や動き方を意識するようになりました。
    また、「MICHIKARA」というリーダーシップ研修に参加しました。他社からの参加者は管理職が中心で、彼らの本気の姿勢や立ち振る舞いから刺激を受け、自分に足りないものを痛感しました。今はその「気づき」を時間管理や会議の進め方などに生かしています。

コンテンツ画像

メッセージ

メッセージの画像

ソフトバンクで
世界の未来を変えたい

少子高齢化が深刻な問題となっている現在、安心して子育てをできる社会を実現しなければなりません。
ソフトバンクなら、働き方や人々の生活に変化をもたらすことで、この問題を解決できると思っています。
最近の例で言うと、人間の仕事がロボットに置き換えられる時代が近づいて生活が激変しようとしています。その一方で私は、生身の身体と頭脳を鍛えて得られる感動は、絶対に手放してはいけないものだと思っています。
ソフトバンクの一員として、劇的に世界を変えるために、自分に何ができるか、日々考えています。
学生時代の専攻はネットワーク技術ではないのですが、研究や実験の進め方を通じて身に付けたことを仕事に生かせています。理系も文系も関係なく、学生時代に学んだことはエンジニアとしてきっと役立ちます。
ソフトバンクで世界を変えたいという意志を持った人なら必ず活躍できると思っています。

※2017年2月時点の情報です。