社員紹介

総合その他(社長室)
山田 勇太
[ 入社4年目 ]
ソフトバンクで世界のSerendipityを変えたい
コンテンツ画像

ソフトバンクを選んだ理由と現在の仕事内容を教えてください。

ソフトバンクとの出会いは、学生時代に外部生として参加した孫正義の後継者育成・発掘機関「ソフトバンクアカデミア」でした。その頃から、孫社長の志やビジョン、そして良い意味で将来どんな姿になっているか分からない、振れ幅が大きい会社であることに魅力を感じていました。最終的に入社を決めた理由は、ソフトバンクで働く先輩方とのご縁に尽きます。
入社後法人営業の経験を経て、現在はソフトバンクグループの社長室で仕事をしています。社長のプレゼンテーション資料の作成、グループの中長期目標を達成するための戦略(調査・立案・推進)、経営幹部からの特命案件対応など、社長のアイディアや戦略を具現化することをミッションに仕事をしています。

職種についてイメージ画像

あなたがソフトバンクバリューを重視しているのはどんな時ですか。

ほとんど意識したことがありません。ただ、強いて言うならば、前例のないことへチャレンジをし続けることがソフトバンクのDNAだと思っていて、どんな時でも「挑戦」することは意識しています。仮に挑戦してうまくいかなくても、失敗も自分の経験になるので、どんなことでもチャレンジしてみればいいと考えています。
現在の仕事では、これまで触れたことのない新しい分野のテーマや知識に出くわすことが多いです。異動したばかりの頃、社長室の先輩からいただいた言葉があります。「朝、知らないことに出会っても、夕方に分かるようになっていればOK」というもので、このマインドもソフトバンクらしいなと思い、それ以来大切にしています。

職種についてイメージ画像

ソフトバンクでの仕事のやりがいや喜びを教えてください。

法人営業時代には、クライアントからの信頼や感謝の言葉が一番のやりがいでした。また、情熱を持った仲間たちと切磋琢磨できること、次々と新しい挑戦ができることに喜びを感じていました。
現在は、社長室で携わる仕事が、ソフトバンクの新たなサービスや価値となり、営業部門など現場の最前線で「ありがとう」が生まれ、世界の情報革命につながるんだと信じて仕事をしています。

キャリア

  • 1〜3
    年目

    法人ソリューション営業

    アカウントセールスとして主に製造業のクライアントを担当しました。テクノロジーを活用してお客さまの課題を解決する仕事で、いかに相手を深く理解するかが提案の鍵となります。そのため、様々な部署や立場の方とお付き合いしていましたが、関係が深まるにつれ、個人の予算達成ばかりを念頭においた動きではなく、「どうすれば喜んでもらえるか」というお客さま視点に変わりました。すると、これまで以上に提案を評価していただけるようになり、営業としての成果も上がり、何よりやりがいを強く感じるようになりました。

  • 現在

    社長室

    ソフトバンクグループの社長室に異動し、孫社長のプレゼンテーション資料作成、新規プロジェクトや様々な特命案件に携わっています。ソフトバンクグループにとって重要な案件にスピーディに対応し、孫社長のアイディアや戦略を具現化していくことが社長室のミッションです。

コンテンツ画像

メッセージ

メッセージの画像

ソフトバンクで
世界のSerendipityを変えたい

情報革命はこの10年、20年で世界を大きく変えてきました。今ではいつでもどこからでも世界と繋がることができる時代です。情報があふれて混沌とした世界になっている反面、Serendipity(予想外の価値あるものとの偶然の出会い)のチャンスは大きく広がっていると思います。先が読みにくくなる一方で、思いもよらない出会いや、偶然によってもたらされる気づきから、それまで想像できなかったようなところにいきやすくなっていると。

情報革命はこれからも続き、僕たちが生きている間にSingularityを迎える時代がくると思います。その時代を生きる人々が偶然や変化を前向きに享受し、より幸せに生きることができる世界を創りたいです。

現時点でやりたいことが具体的に見えていなくても、オープンマインドに前を向いて今を大切に生きていれば、チャンスはたくさん訪れます。そんなSerendipityに満ちた、エキサイティングな世界で、一緒に今を楽しみましょう。

※2017年2月時点の情報です。