社員紹介

総合ネットワークエンジニア
大長 真梨
[ 入社4年目 ]
ソフトバンクで世界の固定観念を変えたい

職種について

職種についてイメージ画像

総合ネットワークエンジニア

ネットワークの企画、設計​、開発​、監視、保全を実施。ビッグデータを活用したネットワーク戦略の策定や24時間安心して利用できるネットワークの構築など、人々の生活に必要不可欠なライフラインを提供しています​。

コンテンツ画像

ソフトバンクを選んだ理由と現在の仕事内容を教えてください。

今や生活に必要不可欠なスマートフォンや通信技術に興味を持ち、通信技術で多くの人の生活基盤を支える仕事をしたいと考えていました。
ソフトバンクを選んだ理由は、新しいこと、面白いことを貪欲に追求する姿勢に惹かれたからです。他社に先駆けたサービスとそれを実現する基盤(ネットワーク)を保有していることも決め手の一つでした。
現在はモバイルネットワークを構築する部門で、通信の品質向上やカバーエリアの広域化を担当しています。開発や設計の部署から多くの作業依頼がくるので、さまざまな立場の人の考えを汲み取りながらスケジュールを調整していかなければなりません。技術的な知識に加えて、細やかで柔軟なコミュニケーションが必要とされます。

職種についてイメージ画像

5つの「ソフトバンクバリュー」のどこにプライオリティを置いていますか。

ソフトバンクバリューは全て意識していますが、特に「執念」は必要だと感じています。
新しい機能がリリースされると、それをいち早くお客さまに届けようと、さまざまな部署から作業依頼がきます。単に安全なネットワークを提供するのであれば、難しいことは行わず諦めてしまえば済むことですが、それではお客さまの要望を叶えられません。安全を担保した上で、お客さまファーストを実現するために部署全体で困難なことにでも食らいつく、そういった「執念」をもって取り組んでいます。

職種についてイメージ画像

ソフトバンクでの仕事のやりがいや喜びを教えてください。

新機能のサービスが開始になった時には達成感を感じます。
ネットワークエンジニアの仕事は目に見えづらいものですが、街中でソフトバンクのスマートフォンを使っているお客さまを目にすると、私たちが設置した基地局が役に立っていると感じますし、人が多く集まるイベント会場でSNSが盛り上がれば、イベントでのネットワーク対策の成果を実感できます。快適な“つながりやすさ”に直結する責任があるからこそ、やりがいや喜びも大きいです。
今後も最新技術を用いたネットワークの提供や品質向上に尽力し、生活を便利でより良いものに変えるため、ネットワークエンジニアとして縁の下から支え続けたいと考えています。
また、ソフトバンクグループ全体でロボット事業への参入や半導体設計企業の買収などのサプライズがたくさんあり、一社員として会社が新しい方向へと成長する楽しさを感じています。

キャリア

  • 1
    年目

    ネットワークエンジアとして独り立ち

    入社以来、基地局の立ち上げや設定作業などを担当しています。専門用語や基地局の動作など、基本的な知識を習得するところからスタートし、先輩社員の仕事ぶりを見て学びました。指示された業務について確認すべき点を把握できるようになった頃、一人で担当する機会をもらえるようになりました。

  • 現在

    イベント対策のメイン担当

    通常業務の傍ら、イベントでのネットワーク対策として移動基地局車の対応をメイン担当として任されています。集客が多いイベントの会場にて、快適にモバイルネットワークを利用していただくために仮設する、AXGP移動基地局の立ち上げや調整を担当しています。対応するイベントの数が前年の3倍近くに増加しましたが、作業手順の見直しや調整などの入念な準備により、全てのイベントに無事に対応することができています。部門間のミーティングにも、部署を代表して出席するようになりました。

コンテンツ画像

メッセージ

メッセージの画像

ソフトバンクで
世界の日常風景を変えたい

今注目の分野であるIoTを始め、モバイルネットワークを経由して提供されるサービスは、世界の人々の行動や目にする景色を劇的に変える日が来るでしょう。ソフトバンクは、その変化を先頭に立って牽引する会社だと思います。世界で最初に商用サービスを開始した「Massive MIMO(5Gの要素技術の一つで1基地局あたりのキャパシティーを大幅に増やす大容量化技術)」もその一つです。私は実証実験に参加し、今までの技術では考えられないような通信スピードを体験しました。
世界初の仕事を目指すソフトバンクのネットワークエンジニアには、好奇心旺盛な人が向いています。ソフトバンクでしか扱えない大規模なネットワークにおいて、自分から挑戦し、新しい技術の吸収を楽しめる人なら、どんなこともやり通し、大きなやりがいを感じることができるはずです。

※2017年2月時点の情報です。