社員紹介

総合サービス企画
橋本 淳子
[ 入社4年目 ]
ソフトバンクで世界の負の感情を変えたい

職種について

職種についてイメージ画像

総合サービス企画

お客さまのニーズに合ったサービスや商品を企画し、価格や内容の優位性だけではなくソフトバンクならではの付加価値を創出します。またグループ会社やパートナー企業とのコラボレーションにより魅力的なサービスや商品の市場提供を実現します。

コンテンツ画像

ソフトバンクを選んだ理由と現在の仕事内容を教えてください。

ソフトバンクは常に新しいことに挑戦し、世間を驚かせる会社という印象を持っていました。「情報革命で人々を幸せに」という経営理念に共感していたので、やりがいを持って働くことができ、自身の成長につなげられる企業だと思い入社を決めました。
現在は、ソフトバンクショップやネットで加入するサービスを企画・開発しています。雑誌・マンガ読み放題サービス「ブック放題」と、「ビューン」のプロモーションやコンテンツ調達などが私の担当です。

職種についてイメージ画像

5つの「ソフトバンクバリュー」のどこにプライオリティを置いていますか。

「スピード」と「逆算」を大事にしています。
入社当初は「スピード」だけを考えていましたが、期日から「逆算」することで、時間の使い方がうまくなったと思います。
あるキャンペーンが急に決まった時、プロモーションと出版社営業という2つの業務を短期間で同時進行する必要がありました。課題が山積みの中、いつまでに何をしなければならないのかを逆算し、スピード感を持って社内の各部署との調整などを行った結果、キャンペーンを遅延なく無事に成功させることができました。

職種についてイメージ画像

ソフトバンクでの仕事のやりがいや喜びを教えてください。

今の部署は、「ブック放題」と「ビューン」のサービスの企画やプロモーション、コンテンツ開拓、アプリの開発など、マーケティングから営業、システム開発という多岐にわたる分野を幅広く行っている部署です。そのため、新しい分野の仕事にどんどん挑戦していけることにはやりがいを感じています。
また、出版社営業として自分で獲得した雑誌や企画したキャンペーンに関して、アプリのレビューやSNSでお客さまの喜ぶ声を目にしたときは、喜びが大きいです。

キャリア

  • 1
    年目

    電子書籍サービス「ビューン」担当

    ソフトバンクショップでの3ヶ月間の研修を行い、端末の手続き方法以外にも、実際にサービスが販売される現場でお客さまがどういうポイントで加入を決めるのかなどを学びました。ショップでの研修を経験していない上司や先輩にも現場でのお客さまの声などの情報を共有をできて非常に有益でした。その後、グループ会社の電子書籍サービス「ビューン」のコンテンツ運用業務を担当となり、雑誌やマンガなどコンテンツを提供する出版社と技術部門の調整をする役割を任されました。

  • 2
    年目

    プロモーションと出版社営業

    「ビューン」の運用業務に加え、サービスの会員数を増やすためのプロモーションの企画や、新しい雑誌やマンガを提供してもらうための出版社営業を担当しました。出版社の方には、紙の雑誌とは異なる読者層の開拓につながったという声もいただきました。

  • 3年目~現在

    雑誌・マンガ読み放題サービス「ブック放題」担当

    「ビューン」の運用と並行して新しく始まった「ブック放題」のプロモーションや出版社営業を担当しています。ブック放題のサービスから幅を広げて、ソフトバンクのサービス全体のプロモーションにも挑戦してみたいと思っています。

コンテンツ画像

メッセージ

メッセージの画像

ソフトバンクで
世界の負の感情を変えたい

ソフトバンクは人の悲しみや孤独、不安などの負の感情を和らげ、また無くすことに貢献できると思います。私が携わっているサービスもそうですが、人々の表情を明るく変え、人生を豊かにできると考えています。私自身、幼い頃からずっと人の笑顔を見ることに喜びを感じていたので、ソフトバンクが提供する価値で、世界の人たちを笑顔に変えていきたいです。
また、私の部署ではアイディア提案の場を定期的に設けているのですが、部署のメンバーには音楽が得意で「No.1採用」で入社してきた人、ダンスの世界大会で優勝した人やゲームや電子工作が趣味の人など個性的で多才な人が多く、会話の中からたくさんの刺激を受け、アイデアに繋がるヒントをもらっています。
ソフトバンクには、若手でもやりたいことや新しいことに、さまざまな人の刺激を受けながら挑戦できる環境があります。挑戦する意欲さえあれば、どんな経験・個性のある方でもそれらを活かし、価値を発揮できるはずです。

※2017年2月時点の情報です。