社員紹介

総合コンシューマ営業
浅田 勇貴
[ 入社3年目 ]
ソフトバンクで世界の笑顔を変えたい

職種について

職種についてイメージ画像

総合コンシューマ営業

ソフトバンクショップや家電量販店などの販売代理店の経営層から店頭・現場まで、各レイヤーに対する営業・販売に関するコンサルティング業務。自ら企画を考え商談、実施まで全てを任される、お客さまに一番身近な最前線の部隊です。

コンテンツ画像

ソフトバンクを選んだ理由と現在の仕事内容を教えてください。

私は「実力主義」と「挑戦できる環境」の2点を重視して就職活動を行いました。最終的にソフトバンクを選んだのは、若いうちからチャレンジできる社風に魅力を感じたことと、米Sprint 事業をはじめとするグローバルな戦略など、世界に向けて挑戦する積極的な姿勢を見て、「自分も挑戦の一旦を担いたい」という思いを抱いたからです。
また、ソフトバンクではすでに男性社員による育児休暇の取得実績があり、働きながらも生活を充実させることができます。そういった福利厚生制度が整っているところにも魅力を感じました。
現在は、社内でも先行して、ソフトバンクとワイモバイルの両ブランドを組み合わせた営業活動をする部署に所属し、代理店営業の担当として都内の3店舗を担当しています。普段は販売代理店の業績向上を目的に、ソフトバンクの商品やサービスを学んでいただく店舗スタッフ向けの研修の開催や、イベントの企画立案、売り上げ分析などを行なっています。

職種についてイメージ画像

ソフトバンクでの仕事のやりがいや喜びを教えてください。

営業のやりがいは、やはり数字という明確な目標があることです。営業担当には一人ひとりに目標達成までのストーリーがあり、そこに面白さがあると思っています。私の場合はクルー(販売員)として働いていたことがあるので、その経験を生かして、販売店の方々と関係を構築し、さらに契約につなげることを目標達成までのストーリーとしています。
また、クルーとして働いていた当初は、他のクルーと売上で競うことをやりがいとしていましたが、店舗としての目標を達成するには自分一人が売上を上げるだけではなく、周囲を巻き込むことが必要であると次第に感じるようになりました。
その後、コンシューマ営業担当として複数店舗を担当する立場になり、販売店の方と協力して目標を達成する面白さを実感できるようになりました。もちろん信頼関係を築くことには難しさも伴いますが、一店舗の中で個人の売上向上を目指すクルーという立場から、複数店舗の売上を考えるコンシューマ営業担当へと立場が変わり、仲間の成長が自分の喜びになることを知りました。
さらに現在は、ソフトバンクとワイモバイルのハイブリッドの取り組みに挑戦できていることもやりがいのひとつになっています。

職種についてイメージ画像

5つの「ソフトバンクバリュー」のどこにプライオリティを置いていますか。

「スピード」を大切にしています。さまざまな事態が起きる現場での経験から、対応スピードが代理店との信頼関係に大きく関わると考えています。特に気をつけていることは、2コールで電話に出ることや相手の悩みに耳を傾け、すぐにアクションを起こすことです。そういった小さなことの積み重ねが、信頼関係を築くうえで重要だと思っています。
実際に、以前担当していた店舗から未だに相談の電話をいただきますが、「対応が早いからつい浅田さんに相談しちゃうんだよね」と頼りにしていただいた際にはとても喜びを感じました。

キャリア

  • 1〜2年目

    販売員(クルー)として併売店へ配属

    競合他社の商品やサービスも取り扱う併売店に配属されました。接客を通してソフトバンクの魅力を伝えるところから、ソフトバンクへの乗り換えや機種変更業務までを担当しました。幅広い知識が必要でしたが、お客さまのさまざまなニーズに応えることができたときには、達成感がありました。

  • 現在

    コンシューマ営業担当として代理店3店舗を担当

    併売店でクルーとして働いていたときには、常に販売実績が上位だったという自信がありましたが、現状に満足せず、自ら希望してコンシューマ営業に異動をしました。クルー時代に学んだ自社の知識だけではなく、他社サービスに関する知識も生かし、現在は都内3店舗を担当しています。お客さまだけでなく、販売代理店からも好かれるソフトバンクを目指し、日々勉強しています。

コンテンツ画像

メッセージ

メッセージの画像

ソフトバンクで
世界の笑顔を変えたい

世界の通信環境はスマートフォンや光回線の普及など、数年でさまざまな変化をしており、今後もAIやロボットの活躍でさらなる変化を遂げていくと思います。そんな情報化社会で生まれる情報格差をソフトバンクのサービスで解消し、若い人はもちろん高齢者の方の通信環境をより便利なものへと変えるお手伝いをしていきたいと思っています。お客さまの笑顔を直接見ることのできる営業職で、ソフトバンクだからこそ提案できるサービスをお勧めし、お客さまに喜んでいただけることが私にとって最大の喜びです。
今後、どんなに商材が変化しても、ソフトバンクの「情報革命で人々を幸せに」という経営理念を、コンシューマ営業を通して実現していきたいと思っています。

※2017年11月時点の情報です。