社員紹介

総合コンシューマ営業
曽我 国央
[ 入社7年目 ]
ソフトバンクで世界の生活を変えたい

職種について

職種についてイメージ画像

総合コンシューマ営業

ソフトバンクショップや家電量販店などの販売代理店の経営層から店頭・現場まで、各レイヤーの営業・販売に関するコンサルティング業務。自ら企画を考え商談、実施まで全てを任される、お客さまに一番身近な最前線の部隊です。

コンテンツ画像

ソフトバンクを選んだ理由と現在の仕事内容を教えてください。

学生時代から営業力を付けたいと思っていたので営業力が付けられそうな会社であることと、一つの分野に限定されず、さまざまな業界と関われる会社であることの2点を重視して就職活動をしていました。最終的に、国内初のiPhone販売や新事業への挑戦から“攻める社風”を感じ、ここで刺激のある仕事をしたいと思いソフトバンクを選びました。
コンシューマ営業と聞くと、ソフトバンクショップの店頭で携帯電話を販売するイメージを持たれるかもしれませんが、実際は代理店に対するコンサルティングなどを行う業務です。代理店の新規開拓や既存代理店との関係構築のほか、代理店の業績を上げるためのイベントやキャンペーンの企画、店舗のオペレーションや売り上げの分析などを行っています。

職種についてイメージ画像

5つの「ソフトバンクバリュー」のどこにプライオリティを置いていますか。

営業の仕事をする以上、数字の目標を達成することがミッションとなっているので、「No.1」は常に意識しています。また、目標を達成するための「逆算」も、対応する「スピード」も大切です。どれか一つを優先しているというよりも、ソフトバンクバリューはどれも欠かせない要素だと考えています。
例えば、代理店コンサルティングでは、限られた時間でどうすれば目標を達成できるかを徹底的に分析、「逆算」し、それを代理店と共有した上で、週単位での進捗管理をしています。同時に、良い結果につながった事例を横展開するなど、きめ細かい施策を「スピード」感を持って実行しています。その結果、不可能と思われていた目標を達成し、半期を通じて担当エリアで「No.1」の実績を残すことができました。

職種についてイメージ画像

ソフトバンクでの仕事のやりがいや喜びを教えてください。

コンシューマ営業のやりがいの一つは、数字という分かりやすい成果につなげられることです。営業は数字がプレッシャーとなるイメージを持たれがちですが、代理店の皆さんと一緒に頑張った成果が明確に出るので達成感が大きく、やりがいを感じています。また、代理店の方やソフトバンク クルーなど多くの人と関わる中で、信頼されたと感じられる瞬間は大きな喜びで、自分の発言で物事が動いていくのをリアルに体感できる環境です。
ソフトバンクでは“営業”を非常に重視していると感じています。自分が仕事の中心となって動くことができるという意味でも、“営業”の仕事はとても刺激があり、魅力的だと思います。

キャリア

  • 1〜2
    年目

    商談相手は代理店の社長

    コンシューマ営業社員として名古屋に配属され、新規販路の開拓を担当しました。商談相手が代理店の経営者である場合も多く、戸惑いながらも誠意を尽くして取り組みました。この仕事をしていなければ関わることのなかったであろう経営者の方々と知り合うことがでました。そんな中で入社3年目の先輩が、私の担当地区全体の売上を左右する施策を企画する姿を見て、その先輩を目標として意識するようになりました。

  • 3~5
    年目

    広域代理店の主幹担当

     地域代理店の主幹担当となり、ショップ業務のコンサルティングや代理店との商談などを経験しました。さらに、より事業規模の大きい広域代理店の主幹担当となり、営業社員としての実績を着実に積み上げました。代理店の社長とソフトバンク役員との商談の取り仕切りも任されるようになりました。

  • 現在

    フリーエージェント制度で現部署へ異動

    フリーエージェント制度を活用して希望していた現部署へ異動しました。現在は広域代理店の主幹担当をしています。1,000人規模の部署に配属されたことで、改めてソフトバンクは事業規模の大きい会社であるという実感を持ちました。ソフトバンクショップの全店長が集まる会議の取り仕切りも経験し、仕事の幅が広がっています。

コンテンツ画像

メッセージ

メッセージの画像

ソフトバンクで
世界のライフスタイルを変えたい

ソフトバンクは、スマートフォンだけでなく、インターネット回線や電気、ロボットなど幅広い商材を扱っています。
IoTの広がりによるライフスタイルの変化にあわせて、私たちもビジネスモデルを変えていく必要があります。今まではスマートフォンというハードウェアの魅力で人々を惹きつけてきましたが、これからはスマートフォンが実現できるライフスタイルの魅力を伝え、サービスを選んでいただく時代です。
通信業界の商品やサービスが横並びになっていきている今、お客さまから求められるのは「接客の良さ」や「分かりやすさ」です。「好かれるソフトバンク」が私たちのキーワードになっています。このように変化していくコンシューマ向けビジネスを担う営業の業務の主体はコンサルティングです。ソフトバンクの商材を販売する店舗に対し、お客さまにどのようにサービスを届けていくべきかその方向をさまざまな施策を通して指し示していきます。
若い頃から裁量を持って仕事をできますし、成果を出せば昇格も早いです。責任ある仕事に挑戦するのは勇気のいることですが、そこで成果を出せればさまざまなチャンスをもらいやすくなり、さらに成長をしていけると感じています。後輩にも常日頃、最初の3年を本気で頑張れ、と伝えています。ぜひ、本気で頑張れる人に来てほしいです。

※2017年2月時点の情報です。