社員紹介

総合マーケティング
岩本 嘉子
[ 入社16年目 ]
ソフトバンクで世界の常識を変えたい

職種について

職種についてイメージ画像

総合マーケティング

Web広告・動画やソーシャルメディア等のデジタル手法を活用した販売促進や効果的なプロモーションを推進するなど、ソフトバンクの魅力を最大化するためのマーケティング戦略を企画・推進します。

コンテンツ画像

ソフトバンクを選んだ理由と現在の仕事内容を教えてください。

私はソフトバンクの前身であるJ-フォンに入社しました。当時、電話やメール、インターネットを利用できる情報端末として携帯電話が一般の方に利用され始めていて、これから人々の行動やそれに伴う時代が大きく変化するだろうと感じていました。ソフトバンクには新しいサービスを次々と発信する勢いや創造力があり、第一志望でした。
入社から今に至るまで、マーケティングの仕事に長く携わってきましたが、希望してセールスの仕事をしていた時もあります。産休・育休制度を2度利用し、現在は課長職として「自分が主役にならず、部下を主役にする」「一人ではできない仕事も皆でやればできる」というスタンスで、スケールの大きな仕事をできることにやりがいを感じています。

職種についてイメージ画像

ソフトバンクでの仕事のやりがいや喜びを教えてください。

サービスや商品などを提供した時、「何かを変えてくという実感」、「お客さまの生活や行動へ与える影響範囲が大きい」点に何よりもやりがいを感じます。現在のソフトバンクは、インターネット全般の商品を扱っていますし、業界の垣根を越えて提携している企業も多いです。そのため、お客さまそれぞれの生活を快適にしたいと考えた場合、さまざまなサービスをトータルで提案することができます。
また、課長職としてチームを束ねる立場となったことで、仲間と一緒に目標を達成することのやりがいや、自分一人ではできないことをメンバーと成し遂げる喜びをより強く感じるようになりました。

職種についてイメージ画像

あなたがソフトバンクバリューを重視しているのはどんな時ですか。 

ソフトバンクのバリューの中でも「挑戦」することを特に重視しています。「今」は現時点なだけであって「未来」ではありません。「今」を疑い、「未来」を変えるためにできる挑戦を常にしています。例えば、戦略、商品、広告物や社内施設に至るまで全てのリサーチを担当した本が社内出版され、その本が高く評価されたことや、提案した案件の事業化が承認されたことは記憶に残る「挑戦」です。
私の部門では、それまで認知度の低かったLINEの活用を推進しました。当初こそ、その有用性を疑問視する声も聞こえたものの、現在のソフトバンクが国内でもトップクラスのソーシャルメディア活用企業になっていることは「挑戦」の結果だと思っています。

キャリア

  • 1〜10
    年目

    コールセンター、マーケティングリサーチ

    コールセンターの料金案内部門管理、顧客応対、自動応答システムの開発を担当しました。
    その後、マーケティングリサーチの部門へ社内公募で異動。戦略、商品、広告物や社内施設に至るまで全てのリサーチを担当し、商品サービス開発や、社内初のインサイト開発に関する本を作成しました。
    特にインサイト本はボーダフォン日本法人の社長に評価され、社内で配布されました。その上、ボーダフォン本国の社長からの招待を受け本国イギリスで講演を行うまでに至りました。

  • 12〜14
    年目

    Webコミュニケーション

    産休・育休を取得後、Webコミュニケーション部門の課長職に就き、ホームページ製作やソーシャルメディア企画などWeb全般の検討を行いました。当時通信キャリアで最下位だったソフトバンクのホームページのお客さま満足度を改善する推進課の組織長として参画した結果、キャリアNo.1を達成し社長賞を受賞しました。
    また、インターネット回線などのオンラインセールスも実施して、半期過去最高販売数を達成しました。

  • 現在

    Webコミュニケーション・オンラインセールス全般

    Webコンテンツ全般を取り扱う部門で、その企画や戦略立案を行っています。
    オンラインセールスや広告など目的も多岐に渡るため、俯瞰的な戦略や対策を目指して、私の課が新設されました。子育てと仕事の両立への不安もありましたが、部下やチームにお願いできることはお願いして、信頼関係を築きながら、目標を達成しています。
    インターネット業界では、日々大きな変化が起こっています。 しかし、ソフトバンクでの一日の変化は、世の中の5年分の変化ではないかと思うほど変化のある会社です。情報を素早くキャッチし、目標に沿った実行プランへ落とし込むことが大切だと感じています。

コンテンツ画像

メッセージ

メッセージの画像

ソフトバンクで
世界の常識を変えたい

「働く」ということは、世の中に何らかの変化を起こすということだと思います。
だから「働く」ことが好きです。悔しい思いをした時もありましたが、常に想像力を大切にして、働き続けたいと思っています。特にソフトバンクには、インターネットを通じて世の中を変えていこうという意思があります。
「大きな変化」を感じるのは、過去の「非常識」が「常識」に変わった時ではないでしょうか。
インターネットの普及はそれを可能にする大きな武器です。
「昔は○○だったのに、今はこんなに快適で幸せ」そう思っていただけるサービスや商品の提供を担っていけることが、何よりうれしく、またソフトバンクだからこそ、それを実現できると信じています。
世の中の変化を楽しむことができる方、世の中を変えたいと思う方はソフトバンクに向いていると思います。そのような方とぜひ一緒に働きたいです。

※2017年2月時点の情報です。