社員紹介
勝木 美佳子
Mikako Katsuki

新しい領域に挑み続けることで、
自分の可能性も広がっていく

勝木 美佳子 システムエンジニア
[ 2020年度中途入社 ]
[ 2020年度中途入社 ]

数理情報科学科を卒業後、メーカー系の大手SIerに新卒入社。公共系のお客さまを対象としたパッケージ開発・導入に携わる。前職では課題解決の範囲が限定されていたことから、より上流の提案フェーズから携われる環境を求め、IT系コンサルティングファームなども検討した上でソフトバンクに入社。ダイバーシティ推進に積極的に取り組む先進性にも惹かれたという。

キャリアサマリー

CAREER SUMMARY
1年目

構築をメインに業務をスタート

前職の経験を生かせる構築メインのプロジェクトで業務を開始。お客さまに対する調整業務やベンダー管理なども担当する。入社と新型コロナウイルス感染症の流行の時期が重なり入社翌日からテレワークとなったが、オンラインでのコミュニケーション環境が十分に整備されており、問題なく業務を遂行できた。

2年目〜現在

提案などの上流工程にも携わり、担当領域を拡張

次のプロジェクトでは提案に近い領域から参画。他部署のメンバーともコミュニケーションを取りながら業務を推進する。その後も、アプリケーション開発やLINEのミニアプリ開発などの提案プロジェクトに対し、アプリケーション開発部分の専門部隊として参画。社内の勉強会や説明会にも積極的に参加し、知識の幅をさらに広げつつある。

新しい領域に挑み続けることで、自分の可能性も広がっていく

幅広い課題解決に挑むため、大手SIerから転職

前職ではメーカー系のSIerでSEとして勤務していましたが、特定のパッケージを開発・導入する業務であり、課題解決の幅が限られていました。経験を積むうちに「上流の提案から関わりたい」「お客さまの課題に対して、幅広い選択肢の中から最適な解決策を提案したい」と考えるようになり、ITコンサルティングファームなども検討した上で最終的に選んだのがソフトバンクです。ソフトバンクは通信に限らず、常に新しいことに挑戦しているイメージがあり、スピード感を持って新しいことを吸収したいという私の考えともリンクしていました。また、女性の活躍推進、障がい者、LGBTQに関する取り組みなど、ダイバーシティ推進に力を入れている点でも、先進的な企業だと思えました。

実際に入社して驚いたのは、想像していた以上のスピード感です。特に、お客さまから相談が来て、提案を持っていくまでのスピード感は段違いです。周りの社員たちも強い信念を持って仕事に取り組んでいる人が多く、前職との環境に大きなギャップを感じながら、これからは私も主体的に勉強して手を挙げていかないといけないと身が引き締まりました。

提案から携わると、業務がより面白くなる

現在は幅広い業界のお客さまに向けたアプリケーションの開発に関わる業務に携わっています。お客さまの業界はさまざまで、ウェブアプリケーションやタブレット向けのアプリケーション、モバイルバンキングのシステム、LINEのミニアプリなど、開発物も多岐にわたります。さらにクラウド基盤やデバイス、ネットワークなども含めて一緒に提案できるのはソフトバンクの大きな強みであると思います。

私が最初にアサインされたプロジェクトは、前職の経験を生かせる構築メインの業務でしたが、その次のプロジェクトでは自ら希望して提案に近い業務も担当させてもらいました。その時、お客さまの要望に対して営業や提案SEと一緒に解決策を検討し、提案の面白さを実感。提案という領域でもっと経験を積んでいきたいと考えるようになりました。LINE関連の業務なども自分で手を挙げて担当させてもらったのですが、やりたいと言えばチャンスが与えられる環境はソフトバンクの魅力の一つです。
提案から構築まで一貫して携わることが今後の目標で、自分がお客さまに提案したものが受け入れられ、その上で構築まで関わることができれば、これまでにないような達成感があるだろうと期待を抱いています。

新しいことを学び、挑戦するための環境が整っている

お客さまの課題解決に向けてあらゆる提案ができる環境にいることで、私自身も、もっと幅広い知識を身に付けたいと考えるようになりました。アプリケーションの知識はもちろんのこと、ソフトバンクが扱う多種多様な商材についても知り、提案の幅をもっと広げていきたいです。その点、ソフトバンクでは新しいことに挑戦できる環境が整っており、本部の研修制度も充実しています。また、部署ごとの勉強会や説明会も盛んに行われており、業務で関連があれば他部署でも参加することが可能です。私自身、デジタルマーケティングの勉強会や営業向けの商材説明会にも参加しながら、知識を蓄えているところです。

今後はアプリケーション領域で知識を尖らせて、提案も構築も推進できる人材を目指しています。その先で何を実現したいかは模索中ですが、どのような方面に向かうとしても、ソフトバンクにはいろいろな事業や業務があり、挑戦できる機会も豊富にあります。私自身、前職の経験を生かしながら領域を広げてきましたが、さらに新しい可能性を見つけていきたいと考えています。

1日の流れ

DAILY STREAM OF TIME

テレワークで始業、メールやSlackの確認と返信

部内のメンバーと情報共有会議

提案内容に関するベンダーとの会議

自宅でランチ

社内研修の受講

見積書や提案書の作成

提案書の品質レビュー会

業務終了

メッセージ

ソフトバンクは、自分がやりたいことや、将来どうなりたいかを伝えれば、実現するためのチャンスを与えてくれる会社です。「成長したい」「キャリアアップしたい」という人にとっては最適な環境だと思います。 また、コアタイムなしのフレックスを活用し裁量のある柔軟な働き方が実現できます。制度・福利厚生面も十分に整備されており入社後に改めて魅力を感じることができました。他社に先駆けて世の中のニーズをくみ取って行動しているからこそ、多様な人材が個性や能力を発揮できる機会と環境が整っているのだと思います。ソフトバンクの理念や取り組みに惹かれる方にも、ぜひ入社していただきたいと思います。

※2022年7月時点の情報です。

その他の社員の紹介

PAGE TOP